いま入れてるAtomプラグイン(パッケージ)メモ(2015年5月)

2015/05/25 Editor

最近はSublime Textと併用してAtomもわりと使っていて、プラグイン(パッケージ)探しが落ち着いてきたのでメモしておく。

半年経過して、入れているプラグインも変わってきたので 2015年12月時点のプラグインまとめ として新たにメモした。

基本的にWeb系+PHPの開発が多いのと、環境がWindowsなので、そのような傾向にある。

  • emmet
    HTML等を簡単な記述でコーディングできるプラグイン。
    他のエディタもすべて必ず入れてる。
  • minimap
    エディタの横にファイルの全体像を表示する。スクロールバー代わりに便利。
  • japanese-wrap
    日本語の文章がウインドウの端で改行されるようにする。Atomのv0.201.0時点でも公式対応されていないので必要。
  • atom-color-highlight
    コード中のCSSカラーっぽい文字を検出して背景にその色を表示してくれる。
    Sublime TextのColor Highlighterが便利だったので同等のものを。
  • project-manager
    プロジェクトを管理するプラグイン。デフォルト機能にしてほしい。
  • open-last-project
    Atom起動時、最後に開いていたプロジェクトを開くプラグイン。
  • atom-terminal
    いま開いているプロジェクトのディレクトリでターミナル系アプリを起動するプラグイン。
    ちなみに個人的にConEmuでGit Bashをメインに使っている。
  • linter
    コードのリアルタイムエラー検出。これ単体では意味がなく、以下のように言語ごとに用意する。
  • chary-tree-view
    左サイドのファイルツリーで、シングルクリックのプレビューを表示しないプラグイン。
    Atomではファイルツリーのシングルクリックでプレビューとして開く仕様になっているけど、個人的にこれがけっこうストレスで、Minifyされたファイルや巨大ファイル(2MBの制限はあるけど)をクリックしてしまうとAtomがフリーズすることがちょこちょこあった。(流行りなのか、他のエディタでもそういう傾向があるみたい)
    オフにしたくてStackOverflowで質問してみたところ、心優しい人が速攻で作ってくれたもの。有り難し。
  • git-plus
    ターミナル系アプリを使わなくてもGitコマンドを使えるプラグイン。
  • git-control
    GitをGUIで操作するプラグイン。簡易SourceTreeのようなもの。
    基本的にGitの状態をざっと確認するのに使ってる。
  • less-autocompile
    LESSファイルの保存時にCSSにコンパイルする。(npmでlessをインストールしておく必要あり)
    個人的にSASSやSCSSよりLESSを使うことが多いので。
    このプラグインはファイル監視系ではなく、.lessファイルの1行目に出力先ファイル名や圧縮有無、ソースマップ有無などをコメントとして書くだけなので手軽で自由が効く。
    SASSな人は「sass-autocompile」が同じ機能。
  • tool-bar
    エディタの上下左右好きなところにボタンを設置する。基本的にメインメニューやコマンドパレットのショートカット。
    次項目のflex-tool-barと組み合わせて好きなボタンが入れられる。
  • flex-tool-bar
    上記tool-barに依存したプラグイン。好きなアイコン&コマンドでボタンを設置できる。
    普通のURLでリンクも貼れるし、そのURL機能を使ってアプリのショートカットにもできる。
    設定はAtomの設定フォルダ(~/.atom)の直下に toolbar.json というファイルを作って、そこに書く。
    例として個人的な設定をGistに書いておいた
  • script
    コードの一部を選択してこのプラグインを使うと、その部分のコードを実行してくれる。いろんな言語に対応してて便利。
    PHPでUNIX時間をDateTimeにしたりとかよく使う。
  • php-documentation-online
    PHP者用。コード中の関数にカーソルを合わせて F4 キーで公式ドキュメントが表示される。
    デフォルトでは英語版なので、ソースを書き換えて日本語版に飛ぶようにしてる。
    設定場所はプラグインのフォルダ内 lib/php-documentation-online.coffee の28行目、 http://php.net/manual/en/http://php.net/manual/ja/ に。
  • SFTP-deployment
    (S)FTPでサーバーにアップ&ダウンロードできる。Windowsだとダウンロードが不安定だったりdeprecationのコード使ってたりで今のところあまり実用的じゃない。
    けどアップデート待ちで一応入れてる。
  • Remote-FTP
    上の SFTP-Deploymentはやはり不安定すぎるのでこちらに変更した。
    リモートファイル用のサイドバーが出るので確認がしやすく、Atom 1.0 にも対応している。
  • language-nginx
    nginxのconfファイルのシンタックスハイライト。完全な感じではない。
  • language-apache
    Apache系(htaccessなど)のシンタックスハイライト。公式に取り込んでほしい。
  • ちなみにテーマは Seti-ui を使ってる。(file-iconsを使わなくてもいいので)

Atomはまだ起動が遅かったりプラグインの完成度が高くなかったりするけど、少し使い慣れてきたので継続してみる。
来月(2015年6月)にはメジャーバージョンになるっぽいので期待してる。

comments powered by Disqus